事業紹介

ビルの総合運営管理

  • 設備運転管理業務・テナント対応業務等

    ビルの各種設備機器の管理、監視、点検、保守、遠隔監視、緊急対応を行います。
    また、テナント内装工事や、建物設備の改修工事等の手配や施工管理を行います。

  • 警備業務

    ビルの巡回等の業務により防火・防災・防犯に努め、安心・安全な環境を提供しています。
    また、お客様からのお問い合わせについては真摯な対応を心掛けています。

主な管理物件

  • Osaka

    ダイビル本館

    ダイビル本館

    ■大阪市北区中之島3-6-32
    ■地上22階・地下2階
    ■延床面積:48,197.75m2

  • Osaka

    中之島ダイビル

    中之島ダイビル

    ■大阪市北区中之島 3-3-23
    ■地上35階・地下2階
    ■延床面積:79,543.04m2

  • Osaka

    新ダイビル

    新ダイビル

    ■大阪市北区堂島浜1-2-1
    ■地上31 階・地下2 階・搭屋3 階
    ■延床面積:77,388.49m2

  • Osaka

    梅田ダイビル

    梅田ダイビル

    ■大阪市北区梅田3-3-10
    ■地上23階・地下3階
    ■延床面積:42,363.23m2

  • Osaka

    土佐堀ダイビル

    土佐堀ダイビル

    ■大阪市西区土佐堀2-2-4
    ■地上17階・地下1階
    ■延床面積:37,496.96m2

  • Osaka

    御堂筋ダイビル

    御堂筋ダイビル

    ■大阪市中央区南久宝寺町4-1-2
    ■地上8階・地下3階
    ■延床面積:13,399.13m2

  • Osaka

    淀屋橋ダイビル

    淀屋橋ダイビル

    ■大阪市中央区高麗橋4-4-9
    ■地上14階・地下2階
    ■延床面積:11,273.19m2

  • Osaka

    淡路町ダイビル

    淡路町ダイビル

    ■大阪市中央区淡路町3-1-9
    ■地上8階・地下1階
    ■延床面積:10,344.37m2

  • Osaka

    堂北ダイビル

    堂北ダイビル

    ■大阪市北区堂島1-2-5
    ■地上7階・地下1階
    ■延床面積:4,282.71m2

  • Osaka

    北梅田ダイビル

    北梅田ダイビル

    ■大阪市北区中津1-5-22
    ■地上8階・地下1階
    ■延床面積:4,184.83m2

  • Osaka

    エステート土佐堀

    エステート土佐堀

    ■大阪市西区土佐堀2-2-17
    ■地上5階・地下1階
    ■延床面積:5,634.91m2

  • Tokyo

    日比谷ダイビル

    日比谷ダイビル

    ■東京都千代田区内幸町1-2-2
    ■地上21階・地下3階
    ■延床面積:29,960.50m2

  • Tokyo

    秋葉原ダイビル

    秋葉原ダイビル

    ■東京都千代田区外神田1-18-13
    ■地上31階・地下2階
    ■延床面積:50,289.59m2

  • Tokyo

    商船三井ビルディング
    (虎ノ門ダイビル)

    商船三井ビルディング
    (虎ノ門ダイビル)

    ■東京都港区虎ノ門2-1-1
    ■地上16階・地下3階
    ■延床面積:34,655.23m2

  • Tokyo

    八重洲ダイビル

    八重洲ダイビル

    ■東京都中央区京橋1-1-1
    ■地上9階・地下5階
    ■延床面積:26,723.04m2

  • Tokyo

    青山ライズスクエア

    青山ライズスクエア

    ■東京都港区南青山5-1-22
    ■地上16階・地下2階
    ■延床面積:25,010.81m2

  • Tokyo

    麹町ダイビル

    麹町ダイビル

    ■東京都千代田区麹町5-7-1
    ■地上7階・地下2階
    ■延床面積:11,609.67m2

  • Tokyo

    芝ダイビル

    芝ダイビル

    ■東京都港区芝5-21-6
    ■地上10階・地下1階
    ■延床面積:10,833.24m2

  • Tokyo

    内幸町ダイビル

    内幸町ダイビル

    ■東京都千代田区内幸町1-3-3
    ■地上9階・地下2階
    ■延床面積:10,121.85m2

  • Tokyo

    三田日東ダイビル

    三田日東ダイビル

    ■東京都港区三田3-11-36
    ■地上8階・地下1階
    ■延床面積:10,008.21m2

企業情報

わたしたちは、オフィスで働く皆様に快適にお過ごし頂くため、
最新のノウハウで高品質のビル管理サービスを提供します。

  • テナントに最適の執務環境を提供します。
  • ビルオーナーとテナントとの信頼関係づくりに貢献します。
  • 長期的観点から維持管理コストをコントロールしビルの収益性を高めます。
  • 課題遂行のために社員の能力を育てます。
  • 点検部

    ビルの配管・電気・空調設備等の点検を実施し、適切な保守管理が行われているかを検証します。

  • ビル管理部

    ビル設備の運転監視、保守等を行います。またテナントからのお問い合わせや内装工事、建物設備の改修工事等の手配、管理を行います。

  • 警備部

    ビルの巡回、立哨、防災センターでの監視業務以外にもお客様一人一人に気持ち良く働いて頂きたいとの思いから毎朝、玄関前等で挨拶を行っています。

  • 本社事務所

    テナントにサービスを提供するための要員配置、各ビル管理部の業務遂行を支援、統括しています。さらにサービス品質の向上を図るため、適切に業務遂行されているかの検証を行います。

会社概要

社名 ダイビル・ファシリティ・マネジメント株式会社
本社所在地 大阪市北区中之島三丁目3番23号 中之島ダイビル内 Google Map
東京本部所在地 東京都千代田区内幸町一丁目3番3号 内幸町ダイビル内 Google Map
設立 1963年10月29日
資本金 1,700万円
株主 ダイビル株式会社、商船三井興産株式会社
主な事業内容 ビルの総合運営管理
①設備運転管理業務(運転、監視、点検、並びに保守)
②運営管理業務(遠隔監視、緊急対応)
③警備業務
④テナント対応業務(内装工事等の企画、立案、発注、管理)
⑤建物設備の整備、修繕、改修、更新等の工事手配、施工管理
管理受託ビル ダイビル株式会社所有ビルをはじめ28棟
従業員数 209名(2018年7月1日現在)
役員 代表取締役社長 矢 田 豪 男(ダイビル㈱取締役常務執行役員)
取 締 役   後 藤   勝
取 締 役   田 中 健 輔(ダイビル㈱常務執行役員)
取 締 役   下 川 浩 志(ダイビル㈱執行役員)
監 査 役   西 口 美 廣(ダイビル㈱常勤監査役)

組織図

ダイビルグループ行動規準

ダイビルグループはダイビルの経営理念に則った行動に資するため、ミッションステートメントとグループメッセージおよび具体的な活動に際してのグループ行動規準並びに環境方針を定めています。

行動規準詳細

 

※ミッションステートメントとは
企業とその企業で働く従業員が、共有すべき価値観や行動に関する指針や方針のこと。「企業理念」「行動指針」「顧客に対する宣誓文」等がミッションステートメントに相当する。

Ⅰ.経営理念
ビルを造り、街を創り、時代を拓く
私たちダイビルグループは、ビル造りを通じ、豊さ溢れるオフィス空間と、賑わいのある街を創り、常に時代の声に耳を傾けながら、新しい時代を切り拓いていきます。
Ⅱ.ミッションステートメント
  1. 顧客の信頼と愛着をかち得るオフィス空間と環境を提供します。
    顧客の信頼と愛着は当社ビル賃貸・管理事業の根幹であり、当社グループの財産です。
  2. 顧客とともに企業価値を高めます。
    顧客の発展は、すなわち当社グループの企業価値の向上です。顧客の声に耳を傾け、日々変化するニーズを的確に汲み取り、社会の要請に応えます。
  3. 美しい都市景観と品格ある空間を創出します。
    洗練された品格ある都市景観の創出には、それにふさわしい顧客集積が必要です。
Ⅲ.グループメッセージ
私たちダイビルグループは、グループ総力をあげて、快適で安心・安全な空間と環境を提供していきます。
Ⅳ.グループ行動規準
  1. 良き企業市民
    良き企業市民として、常に誠実を旨とし、倫理と社会的責任に配慮した企業活動を行います。
  2. 法令遵守
    法令および規則を遵守し、社会の一員として、社会規範、企業倫理に照らして品位ある行動をします。
    反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で対応し、一切の反社会的行為を排除します。
  3. 公正な開示
    株主はじめ、広く社会とのコミュニケーションに努め、公正、透明な企業活動を行い、情報を積極的かつ適正に開示します。
  4. 環境問題への取組
    環境への配慮を経営の重点課題と認識し、省エネルギー、リサイクルの推進等積極的に環境問題に取り組みます。
  5. 社会貢献
    地域社会の一員であることを認識し、企業活動を通じ、地域社会とともに発展していくよう努めます。
  6. 人権尊重
    人権を尊重し、差別のない社会の実現を目指します。
  7. 自主性に富んだ企業風土
    率先垂範の風土を育み、従業員の個性と能力を最大限発揮できる職場環境をつくります。
Ⅴ.グループ環境方針
ダイビルグループは、社会の持続的発展に貢献するため、環境負荷の少ない、みどり豊かなまちづくりに取り組んでいます。また、広く顧客・地域社会・事業パートナーなどのステークホルダーと協力し、自然環境との共生を進めていきます。
※ステークホルダーとは企業の経営活動に関わる利害関係者のこと。
具体的には消費者(顧客)、従業員、株主、取引先、地域社会、行政機関など。
  1. 自然環境との共生
    自然環境にやさしいまちづくりを目指して、企画から設計・施工・運営・解体に至るまでの企業活動全般において環境負荷の低減に努めます。
  2. 地球温暖化対策と循環型社会の形成への貢献
    省資源・省エネルギーおよび再生可能エネルギーの利用を通じて、温室効果ガスの発生を抑制し地球温暖化対策に努めるとともに、廃棄物抑制・資源の再利用により循環型社会の形成に貢献します。
  3. 環境保全の体制整備
    環境保全に向けた独自の基準を定め、これに取り組む体制を整備します。
  4. 環境保全の意識向上
    環境保全意識の向上を図るため、グループ社員の環境教育・啓発活動を積極的に実施します。
  5. ステークホルダーとの協力
    顧客・地域社会・事業パートナーなどのステークホルダーとのコミュニケーションを図り、協力して自然環境との共生を進めます。
  6. 環境関連法規制の遵守
    環境法令・規則を遵守し自然環境との共生に努めます。

沿革

1963年10月29日 株式会社大阪オールサービス(資本金300万円)設立
新ダイビルの駐車場管理運営を受託
1974年12月1日 資本金1,200万円に増資
1984年10月21日 ANAホテル大阪より設備管理業務受託
1989年1月1日 ダイビル、新ダイビル警備業務受託
1999年12月1日 資本金 1,700万円に増資
2000年4月1日 梅田ダイビル設備管理業務受託
2007年6月28日 ダイビル・ファシリティ・マネジメント株式会社に社名変更
2007年7月1日 ダイビル東京地区管理業務受託
2017年4月24日 本社を中之島ダイビルに移転

アクセス